株式会社長崎高島水産センター

電話番号:095-896-2610 受付時間:9時から17時(年中無休)
トピックス

戸石朝市はも・かに祭りに参加しました

平成29年7月23日(日)、長崎市戸石町の戸石フレッシュ朝市会場で開催された「第16回戸石朝市はも・かに祭り」に参加しました。

(株)長崎高島水産センターは、当社産の身厚で甘みのあるヒラメ活魚と一口サイズの活きアワビを多くの皆様に対面販売し、好評のうちに完売しました。

「第16回戸石朝市はも・かに祭り」の様子
「第16回戸石朝市はも・かに祭り」の様子
活きアワビ
活きアワビ

高島海水浴場の海開きでヒラメ稚魚を放流

長崎市高島町にある高島海水浴場は、平成29年7月15日(土)に海開きとなります。

平成29年7月14日(金)は、高島海水浴場の海開きを記念して、高島幼稚園の園児さんと高島小学校の生徒さんによる恒例の稚魚(ヒラメ)の放流が行われました。

ヒラメ稚魚放流の様子
ヒラメ稚魚放流の様子
ヒラメ稚魚放流の様子
ヒラメ稚魚放流の様子

インターンシップで高校生1名を受け入れ

(株)長崎高島水産センターは、平成29年7月11日~7月13日の3日間、望ましい職業観・勤労観を養い、将来の職業選択の良き機会とするためのキャリア教育の一環としてインターンシップ(就業体験)を推進する市内の高等学校から2年生1名を受け入れました。

実習生には、就業体験の一環として、飼育水槽の掃除、餌料培養、ヒラメ稚魚計数、ヒラメ加工品づくり等の体験を通して種苗生産や職業に関する理解や知識を深めていただきました。

今回の就業体験を生かしてさらに飛躍してください。

飼育水槽
飼育水槽
飼育水槽
飼育水槽

ミズイカの赤ちゃんが生まれました(第3報)

ミズイカ(和名:アオリイカ)は、春から夏にかけて海藻や岩の隙間に産卵します。肉質は弾力性に富み、甘味があり、刺身、天ぷら、煮つけなどに利用されます。

平成29年6月下旬に高島海水浴場で採取し、長崎高島水産センターの陸上水槽に収容したミズイカの卵から、ミズイカの赤ちゃんが次々と生まれています。

ミズイカの卵
ミズイカの卵
ミズイカの赤ちゃん
ミズイカの赤ちゃん

ヨジマル!(KTNテレビ長崎:午後3時50分)で生中継

平成29年7月12日、KTNテレビ長崎の番組「ヨジマル!(午後3時50分から4時45分)」~ヒラメの楽園!高島に迫る~の中で、高島水産センターが約6分間、生中継されました。

番組では、ヒラメの稚魚と成魚の養殖状況や新しい取り組みの「ながさき高島はっさくヒラメ」の紹介と試食、ヒラメの釣り体験、さらに高島の海に生息する魚を展示した「高島ヒラメ水族館」などが生中継されました。

高島ヒラメ水族館
高島ヒラメ水族館
高島ヒラメ水族館
高島ヒラメ水族館

合計116件|1ページ/全24ページ