株式会社長崎高島水産センター

電話番号:095-896-2610 受付時間:9時から17時(年中無休)
トピックス

2017長崎帆船まつり新鮮市に出店しました

平成29年4月22日(土)~23日(日)、長崎市の水辺の森公園一帯で開催された「2017長崎帆船まつり新鮮市」に参加しました。

(株)長崎高島水産センターは、新鮮市でヒラメ活魚、活きアワビの活魚をはじめ、ヒラメ真空パック、ヒラメ漬け、ヒラメ骨せんべい、ヒラメフライの加工品を販売し、お客様からご好評をいただきました。

2017長崎帆船まつりの様子
2017長崎帆船まつりの様子
新鮮市の様子
新鮮市の様子
ヒラメ商品販売の様子
ヒラメ商品販売の様子

カワハギ種苗を出荷しました

カワハギは、沿岸海域の岩礁帯に生息し、鍋、煮付け、刺身など、美味しい魚で、主に刺網や定置網などで漁獲されています。

(株)長崎高島水産センターは、平成22年度からカワハギの人工種苗生産に取り組み、養殖漁業者等にカワハギ種苗を出荷しています。

平成29年4月中旬、(株)長崎高島水産センターは養殖用種苗としてカワハギ種苗を出荷しました。

カワハギの種苗
カワハギの種苗
カワハギ種苗の取り上げ
カワハギ種苗の取り上げ
カワハギ種苗の積み込み
カワハギ種苗の積み込み

高島ヒラメ水族館へようこそ

平成29年4月1日(土)、(株)長崎高島水産センターは、高島水産センターのヒラメ広場の一角に高島ヒラメ水族館コーナーを設けました。

高島ヒラメ水族館は、主に高島周辺に生息するヒラメ、ハタ類、カサゴ等の魚介類を飼育・展示し、児童・生徒様の学習用として、また広く市民・観光客の皆様にご観覧いただくことにしております。

また、飼育・展示している魚介類は、種苗生産の親魚用としても活用するとともに、一部は活魚・活〆として販売もいたします。

平成29年4月2日(日)には、早速、高島トマト収穫イベントに参加された約20名のお客様がヒラメ水族館を訪れ、ヒラメの釣り体験や高島の魚たちとふれあい、楽しいひと時を過ごされました。

高島ヒラメ水族館のお問い合わせは、(株)長崎高島水産センター(電話:095-896-2610)へ。

ヒラメ釣りの様子
ヒラメ釣りの様子
ヒラメ釣りの様子
ヒラメ釣りの様子
ヒラメ
ヒラメ
マハタ、カサゴ
マハタ、カサゴ
オニオコゼ
オニオコゼ
カワハギ
カワハギ
シロギス
シロギス

長崎伝習所まつりで高島グラバー別邸の模型を展示

平成29年3月20日(月・祝)、長崎伝習所まつりが長崎市内のベルナード観光通りで開催されました。

当日は、「出逢い・楽しい・新しい長崎発見!」をテーマに2016年度の塾の取り組みが紹介されました。

このうち高島グラバー別邸調査・研究塾は、2年間の調査研究の成果としてこの3月に完成させた高島グラバー別邸の模型を展示しました。

この模型はわずか二枚しかない建物の写真と70年前に壊された別邸の周りで遊んでいたという故山崎徳さん(90)の記憶を基に描かれた建物正面の絵や跡地の調査資料を参考に作成したものです。

グラバー別邸模型展示の様子
グラバー別邸模型展示の様子
グラバー別邸模型
グラバー別邸模型
グラバー別邸のあった小島の古写真
グラバー別邸のあった小島の古写真
グラバー別邸の古写真と絵
グラバー別邸の古写真と絵

八朔の苗木を植裁しました

(株)長崎高島水産センターは、長崎市高島産の「八朔」のエキスを添加した餌を加えることで、臭みがなく爽やかな柑橘系のほのかな香りや風味が楽しめる「高島はっさくヒラメ」を生産・販売しております。

高島産八朔は、秋になると果実をたわわに実らせ、当社はその一部を高島はっさくヒラメの開発のため有効活用しております。

このほど、当社社員は高島産八朔の永続的利用を願い、2年生苗木を当社構内に植裁しました。

八朔の苗木
八朔の苗木
八朔植栽の様子
八朔植栽の様子

合計93件|1ページ/全19ページ