株式会社長崎高島水産センター

電話番号:095-896-2610 受付時間:9時から17時(年中無休)
トピックス

高島グラバー別邸模型を高島ターミナルに展示

平成30年1月30日(火)、高島グラバー別邸調査・研究塾は、長崎伝習所での2年間の調査研究の成果として平成29年3月に完成させた高島グラバー別邸の模型を長崎市高島町のターミナル内に展示しました。

この模型は二枚の建物写真と、約70年前に壊された別邸の周りで遊んでいたという故山崎徳さんの記憶を基に描かれた建物正面の絵や跡地の調査資料を参考に作成したものです。

グラバー別邸の模型
グラバー別邸の模型
グラバー別邸の写真(昭和11年頃)
グラバー別邸の写真(昭和11年頃)
グラバー別邸の写真とスケッチ
グラバー別邸の写真とスケッチ

長崎県水産加工振興祭に参加しました

平成29年12月8日(金)~10日(日)、長崎市元船町「おくんち広場特設会場」で開催された第55回長崎県水産加工振興祭の水産製品品評会と水産製品即売会に参加しました。

(株)長崎高島水産センターは、即売会でヒラメ活魚、活きアワビ、カサゴ活魚やヒラメ・トラフグ・カワハギの真空パック商品等をイベント限定特別価格で販売し、お客様からご好評をいただきました。

水産加工振興祭会場
水産加工振興祭会場
水産製品品評会
水産製品品評会
展示即売ブース
展示即売ブース
展示即売の様子
展示即売の様子

サミュエル・モーリスと高取伊好の足跡を訪ねて

平成29年12月3日(日)、長崎伝習所卒業後も活動を続けている高島グラバー別邸調査・研究塾は高島炭坑創成期に長崎高島で鉱山技師として尽力したサミュエル・モーリスと高取伊好(たかとり これよし:1850~1927)の高島離任後の足跡を訪ねて佐賀県多久市と唐津市で現地調査を行いました。

今回の現地調査は浅尾塾長をはじめ総勢6名が参加し、杵島炭坑などの炭坑主として知られる高取伊好の出身地である多久市の「多久市郷土資料館」、「西渓公園」、さらに唐津市にある国指定重要文化財・旧高取家住宅の「旧高取邸」などを視察しました。

また、唐津市での座学ではグラバーとモーリスとの間で交わされた書簡の読み合わせを行い、モーリスの足跡に思いを馳せました。

多久市郷土資料館
多久市郷土資料館
西渓公園
西渓公園
旧高取邸
旧高取邸
グラバーとモーリスの書簡
グラバーとモーリスの書簡

ながさき実り・恵みの感謝祭2017に参加しました

平成29年11月25日(土)~26日(日)、長崎市の長崎出島ワーフ前岸壁及び隣接三角地で開催された「ながさき実り・恵みの感謝祭2017」に参加しました。

(株)長崎高島水産センターは、ヒラメ活魚、カサゴ活魚、活きアワビ、トラフグ真空パックを展示即売し、お客様にご好評をいただきました。

展示即売の様子
展示即売の様子
展示即売の様子
展示即売の様子
ながさき実り・恵みの感謝祭2017
ながさき実り・恵みの感謝祭2017

青果まつり~オープンマルシェ2017~に参加しました

平成29年11月19日(日)、長崎市田中町の長崎市中央卸売市場で開催された「青果まつり~オープンマルシェ2017~」に参加しました。

(株)長崎高島水産センターは、青果まつりでヒラメ活魚、カサゴ活魚及び活きアワビを販売し、お客様からご好評をいただきました。

展示即売の様子
展示即売の様子
長崎ペンギン水族館のアバちゃんも特別参加
長崎ペンギン水族館のアバちゃんも特別参加

合計139件|2ページ/全28ページ